books004



No.004 " 海の向こうの「絵本」- その1 - "
海外の絵本には、ネコものが多いですね。
今回は、「Hozy」編(=白黒ソックス柄編)をお送りします。












●「ガルドンのながぐつをはいたねこ
作:ポール・ガルドン
訳:寺岡 恂
発行:株式会社ほるぷ出版

「ながぐつをはいたねこ」はヨーロッパに古くから伝わるお伽噺を
もとにして、フランスのペローが創った
お話だそうです。
いままでに色々な方が絵を描かれています。
この本はペローが創った話をガルドンがさらに面白く作りかえ、
楽しい絵をつけました。
なぜ、購入したかと言えば、ネコがHozyと同じ柄だったから。
それだけの理由です(単純)。
本屋さんで、表紙の黄色、ネコの黒、ながぐつの赤が
とてもきれいに見えたから...。
言わば、"ジャケ買い"ですね。裏表紙のねずみもカワイイ。
部屋に置いておくと、部屋が明るくなる本です。









●「こねこのぴっち
おはなしとえ:
ハンス・フィッシャー
訳:石井桃子
発行:岩波書店

●「るんぷんぷん
作:ハンス・フィッシャー
ことば:さとうわきこ
発行:架空社

Hozy」編第2弾は、
「こねこのぴっち」が、いろいろな動物のまねをして、
ねこ以外になろうとするけど…というお話です。
恐いけものは定番のフクロウとキツネで、なんだかかわいそう
にも思いますが、楽しい絵本です。

同じようにたくさんの動物が出て来る、「るん ぷん ぷん」は
横長サイズで、リズミカルに動物達が行進しています。
シンプルな構成で、インパクトのある本です。
ハンス・フィッシャーもペロー原作の「長ぐつをはいたねこ」を
描いています。






 

●「ミルトン
●「ミルトンびょういんへ
作:ハイデ・アルダラン
訳:大澤 晶
装幀/レイアウト/題字:air inc
発行:株式会社朔北社

Hozy」編第3弾は、
どこもかしこも白と黒のオス猫ミルトンの絵本。
イエローの表紙はミルトンシリーズの[1]です。

内容は、ミルトンの紹介のような感じです。
グリーンの表紙はミルトンシリーズの[4]で、
ミルトンが病院へ行って、帰ってくるまでのお話です。
ネコと暮らしている者にとっては、
「そうそう...」と
おもわず笑ってしまうストーリーです。
どちらも、
大胆なイラストと文章で楽しませてくれます。
"ミルトンシリーズ"は、他にも...
「ミルトンとクリスマス」や「ミルトンとカラス」
などがあります。




※それぞれのタイトルをクリックすると「Amazon.co.jp」へジャンプします。
(「Amazon.co.jp」でお取り扱いのないものにつきましては、リンクされていません。)

< Back


ホーム | このサイトについて | Hozyについて | コラム | ギャラリー | ネコパル | リンク | 掲示板 | ショップ


Copyright (C) 2001-2006 catnap(R) All Rights Reserved. On The Blanket(R)、catnap(R)、 Hozy(R)は登録商標です。
このwebサイトの全ての内容について、無断の転用・転載を禁じます。
このサイト内にある画像等の著作権は、catnap(R)に帰属します。