books005



No.005 " ネコで英語、ネコでお絵描き "
苦手な英語もネコが題材ならいけるかなと思ってみたのだが…





●「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本
原案・原文:向山淳子
演出・物語制作:向山貴彦
イラスト・装丁:たかしまてつお
発行:株式会社 幻冬舎

●「Big Fat Cat and The Mustard Pie
企画・原作・文・解説:向山貴彦
絵・キャラクターデザイン:たかしまてつお
発行:株式会社 幻冬舎

人気になった「ビック・ファット・キャット」シリーズの中の2冊。
ネコのキャラクターがふてぶてしい感じで好きです。
シリーズも今は7冊となり、今年の秋には最終巻が発売予定らしい。
全部揃えてみようか、悩む…

・BIG FAT CAT GOES TO TOWN
・BIG FAT CAT AND THE GHOST AVENUE
・BIG FAT CAT AND THE MAGIC PAI SHOP
・BIG FAT CAT vs. MR.JONES
・BIG FAT CAT AND THE FORTUNE COOKIE
(↓BFC最終巻2004年秋発売予定)
・BIG FAT CAT AND THE SNOW OF THE CENTURY

公式サイト:http://www.studioetcetera.com/bigfatcat/










●「英語でねこ! Cats
著:イーオン語学教育研究所+たまき美螢
ブックデザイン:小林はる代(スプリング・スプリング)
カバーイラスト:石田 正晴
発行:株式会社 増進会出版社

「本当に話したいことを英語で話したい!」...を
コンセプトにしてつくられた本。
他に「サッカー」「インディーズ映画」「いぬ」など多数。
ネコのしぐさが色々と英語で書かれていて、英語でネコの事を
話す時に重宝しそう。
手帳サイズで薄い本なのでバックに何時も入れておけそう。
(買った時はそう思った、今、入っていないのはナゼ?だろう…
これはひとえに私の問題であって、本の内容とは関係ないと思う。)





●「ドラ・ミケ・たま-ねこの絵を描いてみよう-
著:視覚デザイン研究所・編集室
発行:株式会社視覚デザイン研究所

ねこを描くためのデッサンなり、スケッチの専門書なのかと
思いそうですが、そんなに掘り下げて詳しくはないです。
ネコを見る、描く事の初心者向けの本。
ねこのしぐさの写真と5人のネコを描く作家が紹介されています。
「鉛筆で白いネコを描く」というページが、描くことを説明
している唯一のページかな?
ところどころのページに役立つ文章が短く載っています。
1日1カット、ネコの絵を描いていたら絶対うまくなる...
そんな気持ちにさせてくれる1冊です。

このコーナーの文章を書くとき、ネットで紹介する本が
買えるか
どうかチェックしていますが、この「ドラ・ミケ・たま」の
最新増刷の本は表紙が変わっているようです。
表紙は、はちわれネコ(左写真)から数匹のネコの表紙に
変わっています。
本屋さんで購入しようと思った方は注意して下さいね。
(古い表紙のほうがいいぞ…)





bbsでも書きましたが、前に買った本を読み直しています。
...で、本にオリジナルカバーをかけたりして楽しんでおります。

←黒のカバー2点は革で作ったものです。イラストの部分は
窓が開いていてここだけキャンパス地に印刷されています。
これは、残念ながら商品企画の段階でボツ(泣)になったものです。
(個人的にはお気に入りです...。)

中央のものはプリンターでHozyの写真をプリントアウトし、
文庫本サイズの透明カバー(ハンズで1枚200円ぐらい)に
入れたもの。これは色々遊べて楽しいですよ。
来年の自分用の手帳をこの方法で遊ぼうと思っています。




※それぞれのタイトルをクリックすると「Amazon.co.jp」へジャンプします。
(「Amazon.co.jp」でお取り扱いのないものにつきましては、リンクされていません。)

< Back


ホーム | このサイトについて | Hozyについて | コラム | ギャラリー | ネコパル | リンク | 掲示板 | ショップ


Copyright (C) 2001-2006 catnap(R) All Rights Reserved. On The Blanket(R)、catnap(R)、 Hozy(R)は登録商標です。
このwebサイトの全ての内容について、無断の転用・転載を禁じます。
このサイト内にある画像等の著作権は、catnap(R)に帰属します。