books009


■今年も「うたたね本箱」をどうぞよろしくお願いします!

No.009 " 名作を版画で... "
くしくも今回ご紹介する本は、絵が版画で描かれています。
そして、朔太郎と賢治は10歳違いで、「猫町」は朔太郎49歳、
「猫の事務所」は賢治37歳の時に書かれています。




●「猫町
作:萩原 朔太郎
画・装丁・デザイン:金井田 英津子
発行:株式会社パロル舎 <
http://parol.co.jp/>

夢現・無限のめまい町。迷い込んでしまった不思議町。
急いで読まず、ゆっくり読みたい本です。
文章といい、絵といい、濃い本です。
特にパロル舎のこの本は画・装丁・デザインを
金井田さんがされているので、金井田ワールド全開です。
同シリーズで...、
内田百間「
冥途」  夏目漱石「夢十夜」があります。
両作家とも猫に所縁がありますね。







●「猫の事務所―ある小さな官衙に関する幻想
作: 宮澤賢治 
画:原田紀子
装丁:久保田和男
発行:冬花社

ご存知、賢治の「猫の事務所」、
35ページのとても薄い本です。
「竈猫」という名をこの本で知りました。
最後があっけなくて好きです。
多くの方がこの作品の絵を描かれていますが、
私は原田さんの絵のこの本が好きです。
紙や文字の色、大きさ、よい感じです。

「猫の事務所」は上記パロル舎からも
画本 宮澤賢治」シリーズとして
小林敏也さんの絵で出ています。





●「新編 銀河鉄道の夜
著:宮澤賢治
発行:新潮社

文字だけで、自分の心象でイメージしたい人には、
シンプルな文庫本がオススメです。
持ち歩けるので、いつでも、どこでも「賢治の世界」へ行けます。
「猫の事務所」のページ数は12ページ。
「銀河鉄道の夜」「セロ弾きのゴーシュ」を含む
14作品が収められています。




※両本に「軽便鉄道」という現代では聞きなれない単語が出てきます。
 それで、時代が気になって調べたら、
 2人とも同じ時代を生きていたのでした。
 萩原朔太郎(1886〜1942)
 宮澤賢治(1896〜1933)
 賢治は短い生涯でしたが、多くの作品を残してくれました。

「軽便鉄道」:一般の鉄道より簡便な規格で建設された鉄道のこと。






お知らせ
今年から、本のタイトルをクリックして頂くと、
アマゾン」のサイトへリンクするようになっています。
(一部、アマゾンではお取り扱いが無いものもあります。)
お近くに本屋さんが無い方に利用して頂けたらと思います。
でもできたら、本屋さんに行って、本を手にとって見て欲しいです。
パソコン上では、紙質や、大きさ、本の姿が伝わりにくいですからね。

←版画ならぬ、ホージーハンコです。はちわれに見えるかな?



※それぞれのタイトルをクリックすると「Amazon.co.jp」へジャンプします。
(「Amazon.co.jp」でお取り扱いのないものにつきましては、リンクされていません。)

< Back


ホーム | このサイトについて | Hozyについて | コラム | ギャラリー | ネコパル | リンク | 掲示板 | ショップ


Copyright (C) 2001-2006 catnap(R) All Rights Reserved. On The Blanket(R)、catnap(R)、 Hozy(R)は登録商標です。
このwebサイトの全ての内容について、無断の転用・転載を禁じます。
このサイト内にある画像等の著作権は、catnap(R)に帰属します。