books015


No.015 " 絵もいろいろ - その2 - "
個性いろいろ、それぞれの「ネコ」




●「ふりむけばねこ
著: 井上 洋介
発行:株式会社架空社 小さな絵本美術館


11cm×14cmぐらいの小さな本です。
町の中の店店に猫がいます。
味のある版画で、猫町に引き込まれていきますよ。
プレゼントにも向いていると思います。
発行の架空社は小さな会社のようなのですが、
出している本が個性的で、興味があります。
No.004 " 海の向こうの「絵本」- その1 - "
で紹介したるんぷんぷんも発行が架空社です。

小さな絵本美術館
http://shinshu-online.ne.jp/museum/chiisanaehon/






●「山ねこせんちょう
文: 柴野 民三
絵: 茂田井 武
カバーデザイン:竹川 広一
発行:銀貨社


ナンセンス絵本です。元は昭和22年〜23年に児童文芸雑誌に
連載されたものだそうです。すでに原画はなく印刷物をもとに
新たに描き起しているそうですが、原画を知らない私にとっては
十分個性的でおもしろい絵です。そして、文がはちゃめちゃで
楽しいです。
「たいへんせわになった。おれいにたべてやろうか」って船長…
説明が難しいおもしろさです。

同社から出ている「武井武雄」の本もオススメです。

銀貨社サイト
http://www.mars.dti.ne.jp/~ginka/index02.html









●「ダンスがすんだ猫の恋が終るとき
著: フジモトマサル
装幀:吉田 篤弘・吉田 浩美
発行:株式会社新潮社


物語の始めから最後まで回文で書かれています。
こちらもナンセンス本の1冊でしょうか。
絵も文もフジモトさん1人。う〜ん、すごい、おもしろい。
後ろにご本人と猫の写真が載っているのですが、
猫の顔がね、いいんですよ。
装幀もいいな〜と思ったら、

No.002 " 作家さんは猫が好き "でも紹介している
「猫」をまとめた、クラフト・エヴィング商會のお二人でした。


← 水色がきれい、この一手間かかっている仕上がりが好きです。


回文:上から読んでも下からよんでも同じになる文。
   「たけやぶやけた」「この子どこの子」


フジモトマサル サイト
http://www.fujimotomasaru.jp/





どの本も楽しいですよ〜。
本を紹介していると、改めて自分の好きな本の系統を
客観的に見ることができて、おもしろく、恥ずかしいものです。
ちょっとマイナー志向の本が多いような気がしますが…
メジャー、マイナー、ミックスして
かたつむりの歩みのように紹介していきます。




※それぞれのタイトルをクリックすると「Amazon.co.jp」へジャンプします。
(「Amazon.co.jp」でお取り扱いのないものにつきましては、リンクされていません。)

< Back


ホーム | このサイトについて | Hozyについて | コラム | ギャラリー | ネコパル | リンク | 掲示板 | ショップ


Copyright (C) 2001-2006 catnap(R) All Rights Reserved. On The Blanket(R)、catnap(R)、 Hozy(R)は登録商標です。
このwebサイトの全ての内容について、無断の転用・転載を禁じます。
このサイト内にある画像等の著作権は、catnap(R)に帰属します。